全件表示TopRSSAdmin



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
ツリーマン、木になった男の手術 5 by YouTube
2009 / 07 / 31 ( Fri )
Treeman: The Surgery - Part.5 by YouTube

インドネシア政府から、ツリーマンこと、デデさんの共同治療ために招聘を受け、再びインドネシアを訪れた、ガスパリ医師。彼はインドネシアに到着すると、すぐ、デデさんの家族を訪ね、不安と疑問を解消すべく、今後の治療方針について、説明しました。1度の手術でイボを取り切らなかった(取り切れなかった)のは、「手」には「関節」があり、また、いくつもの「神経」が通る、非常に繊細な部分であること、そのため、ある程度取り除いた状態で、更に詳しく、指の形状や皮膚感覚などを検査する必要があったこと、今、本命の皮膚移植に向けて準備中であること…を伝えたのです。

また、ガスパリ医師は、皮膚移植と同時に、アメリカの同僚と検討した「免疫療法」も、併用しようと考えていました。




デデさんとガスパリ医師、7ヶ月振りの再会…!

この時デデさんは、移植手術に備えて、背中の皮膚を伸ばしているところでした(検索したところ、「エキスパンダー」という風船状のものを皮膚の下に入れ、そこに時間をかけて、徐々に生理食塩水を入れて膨らませることで皮膚を伸ばし、余分な皮膚を作って、移植に使うようです)。そのために仰向けに寝ることが出来ない、大変な状態だったのですが、久し振りにガスパリ医師と会えて、うれしそうです。しかし… 「手足が軽くなって、うれしい。」とは言うものの、やはり、またすぐに分厚くなってくるのが悩みのようです。…前回の手術で取ったはずの、頭のイボも、復活していますしね。

スポンサーサイト


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記 - カテゴリー:せつないYouTube

17 : 34 : 39 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツリーマン、木になった男の手術 4 by YouTube
2009 / 07 / 21 ( Tue )
Treeman: The Surgery - Part.4 by YouTube


2度目の手術が終わった頃、デデさんの主治医であるアンソニー・ガスパリ医師が、デデさんが最終的にどうなったか、インドネシアの委員会に訊ねると、インドネシアから、手術の際に撮った写真が送られてきました。しかしガスパリ医師には、またデデさんを診に行くときまでに、何を調べれば良いのか、まったく見当も付きません。そのためガスパリ医師は、インドネシアの医師らと共同で診療に当たろうと考えました。




その頃、デデさんはと言うと、2度の目の手術後、順調に回復していました。入院から2ヶ月が経ち、家族も自由に面会できます。今や、デデさんの手は、指の本数が数えられるようになっていました。そして何本かの指の先は、指の表面が見えます。

「爪が見える。これは本当に、素晴らしいことです。」と、お兄さん。

手術は辛いか、との問いに、デデさんは「手術を受けている間は、辛くない。でも、包帯を取るときは辛い。」と答えました。ズキズキと痛むようです。それでも、手術前には両手が、まだ(イボを取り除く)手術をしていない両足のように、硬くとがったイボの塊で覆われていたことを思うと、軽くなってうれしい、とデデさん。

しかし、手術をしたからと言って、デデさんの体内に潜むウィルスを退治できたわけではありません。イボは再び、成長を始めていたのです。それはデデさんも気付いていました。「また、分厚くなってきている。結局は、前と同じに戻ってしまうんだろう」。



テーマ:(´-ω-) - ジャンル:日記 - カテゴリー:せつないYouTube

04 : 20 : 03 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツリーマン、木になった男の手術 3 by YouTube
2009 / 07 / 16 ( Thu )
Treeman: The Surgery - Part.3 by YouTube


いよいよ、「ツリーマン」デデさんの手術が始まりました。まずは「手」のイボを、手術で取り除きますが、これは2回に分けて行われる模様です。と言うのは、イボの塊があまりに凄く、どこまでがイボで、どこからが本来の「手」であるか、レントゲン写真を見ても分からない()からです。だから、それを(ある程度取り除いて)ハッキリさせるために手術し、それを基に今後の方針を検討。そして2回目の手術… というわけです。

しかし… 「満足の行く結果は、得られないだろう。手術で取り除いても、1ヵ月後にはまた、イボは成長し始める。」と、医師。「私たちは、彼を完全に治したいんです。彼は本当に、苦しんでいるのです」。医師は、デデさんが自殺を図らないか、心配していました。

「何が起きるか分かりませんが、私たちは、尻込みしてはいけないんです。終わらせないと」。




入院から1ヵ月後、インドネシアの医師は、数々の検査結果を基に方針を決定。デデさんの最初の大きな手術をすることにしました。



テーマ:はぁ・・・・( ´Д`)=3 - ジャンル:日記 - カテゴリー:せつないYouTube

07 : 08 : 21 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツリーマン、木になった男の手術 2 by YouTube
2009 / 07 / 09 ( Thu )
Treeman: The Surgery - Part.2 by YouTube


政府の肝いりで緊急入院。手術を受けられることになったデデさんですが、どうなったのでしょう…? 「食べ物で欲しいものがあれば、何でもあげます。」「私たちは、世界最先端の医療サービスを提供できます。」…etc  今まで大した援助もなく、見捨ててきたことが報道されてしまったので、政府は、イメージの回復にやっきになっているようです。




そしてデデさんの家族と言えば、 …やっぱり、不安。それはそうですよね。ガスパリ医師によって、ようやく原因が分かり、治療も始めたところで、突然、政府が間に割って入ってきたんですから。何しろ「お上」の言うことに、否やを唱えるわけにもいかず… もう、成る様にしか成らない、といった状況です。

政府の会見での「メリーランドの医師と連絡を取ろうとしたが、これまでのところ、取れていない。何度電話しても、インドネシアからだと分かると、電話を切ってしまうのです。」って、本当に…? いえいえ、ガスパリ医師は、デデさんのことで連絡を取ろうとしていました。電話をガスパリ医師からだと判ったとたんに切ってしまうのは、インドネシアの方だったのです。そしてガスパリ医師は、大変心配をしていました。

手術は、全部で8回。インドネシアの病院では、デデさんがイボのために手も足も動かせなくなっていることから、まずは腕と足のイボを少しでも取って、動かせるようにしようと、計画しているようです。…と、手術に備えて撮ったレントゲン写真で、思わぬことが発覚しました。デデさんは、活動性の結核に罹っていたのです。手術は、可能そうですが…

しかしその頃、アメリカ、メリーランド大のガスパリ医師は、インドネシアの治療方針に落胆していました。手術で見た目は治せても、それでは、根本的に治せたとは言えないからです。デデさんも、これ以上広がらないことを祈っているのですが…




ツリーマン、木になった男の手術 1 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 3 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 4 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 5 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 6 by YouTube ラスト!

「ツリーマン、病気で「木」になった男に希望の光 by YouTube
木になった男、デデさんの悲しい物語 by YouTube


テーマ:( ´△`) - ジャンル:日記 - カテゴリー:せつないYouTube

14 : 44 : 59 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
  • SEO
  • loading
  • お気に入りYouTube!

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。