全件表示TopRSSAdmin



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
妖精のミイラ…? by YouTube
2009 / 11 / 30 ( Mon )
Are Faeries REAL? by YouTube


この、「本物の妖精?」とタイトルが付けられた動画…もとい、写真の数々。「庭に横たわっていた、これは何? 400年前の妖精?」と、投稿者からのコメントが付けられています。

細くて小さな手には、ちゃんと指が5本。口には歯もあるようですし、鼻の穴も2つです。アバラ骨もあって、背骨もあって、、 なんだか、すごくリアル。本当に、妖精なんでしょうか? と言うか、妖精がミイラになることなんて、あるのでしょうか…??





スポンサーサイト


テーマ:(・∀・)ららーん - ジャンル:日記 - カテゴリー:不思議なYouTube

02 : 40 : 36 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恐怖!!無数の手が襲い掛かる! by YouTube
2009 / 11 / 24 ( Tue )
REAL GHOST CAUGHT ON TAPE by YouTube


いやぁ…あああ!!! 。・゚・(ノД`)ノ・゚・。

ちょっと、怖すぎます! 天井から、壁から、無数の手が…!!






なかなか良く出来たビデオかと。(^-^;


テーマ:やばいよやばいよー - ジャンル:謎 - カテゴリー:不思議なYouTube

02 : 22 : 03 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネズミを捕食する食虫植物 by YouTube
2009 / 11 / 24 ( Tue )
Mouse gets eaten by Nepenthes carnivorous plant! by YouTube


食虫植物って、知ってますか? 腐った肉のニオイとかをだして、ハエなどの昆虫をおびきよせ、足を滑らせて、消化液がたまった袋の中に落としたり、罠に掛けたりして捕らえて食べる… と言うか、ドロドロに溶かして養分を吸収する)植物のことです。ちょっと、怖いです;;

そんな食虫植物の代表、ウツボカズラは、袋型の落とし穴に落とすタイプですが、2009年8月、その新種がフィリピンで見付かりました。その袋の直径は、約30センチ! という訳で、これだけ大きいウツボカズラであれば、虫だけではなく、小型の補修類(ネズミなど)も捕まえているのではないか…と推測されています。

…と、前置きが長くなりましたが、そんなに大きいものじゃなくても、ネズミくらいは捕まえちゃうみたいですね。(ネズミさん、かわいそう。。)






ネズミも食べる?!世界最大級の食虫植物を発見 by YouTube
ネズミも食べる?!世界最大級の新種の食虫植物が発見される
消化液の中に滑り落ちるカタツムリ by YouTube


テーマ:(。´‐ω‐)みぃ… - ジャンル:日記 - カテゴリー:動物のYouTube

02 : 12 : 44 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネズミも食べる?!世界最大級の食虫植物を発見 by YouTube
2009 / 11 / 23 ( Mon )
RARE RAT "MEAT" EATING PLANT DISCOVERED IN PHILIPPINES! by YouTube


昆虫などを捕獲する食虫植物の中でも、ネズミも「消化」できると見られる世界最大級の新種をフィリピン南西部のパラワン島で発見したと、英国の植物学者が発表した。

新種はウツボカズラの仲間で、英国を代表する動物・植物学者、デイビッド・アッテンボロー氏にちなみ、「ネペンテス・アッテンボロギ」と名付けられた。

ウツボカズラの仲間は、つぼのような形の捕虫器を持っている。捕虫器は酵素を含む液体があり、昆虫などをここにおびき寄せて中に閉じこめ、消化する。 新種の捕虫器は、直径が約30センチほどあり、ネズミなどの小動物もすっぽりと入るという。

新種を発見したスチュワート・マックファーソンさんはこのほかにも、約20種の食虫植物を見つけた。また、過去に見つかったが、最近は見つかっていなかった2種についても再発見した。うち1種は、約100年ぶりの確認だった。
(2009年8月19日 CNN)






デイビッド・アッテンボローの「ウツボカズラの生態」 by YouTube


テーマ:( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! - ジャンル:日記 - カテゴリー:ニュースなYouTube

22 : 36 : 10 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
消化液の中に滑り落ちるカタツムリ by YouTube
2009 / 11 / 23 ( Mon )
Nepenthes sibuyanensis tricks gliding snail. by YouTube


食虫植物、ウツボカズラ。その、消化液が入ったバケツのふちにやってきた獲物は、つるん!と滑って、ぽちゃん! 後はゆっくり溶かされて、栄養にされてしまいます。しかし、よく葉っぱの裏でさえも平気で這い回っているカタツムリまで、すべって落っこちるとは…;;






テーマ:(´-ω-) - ジャンル:日記 - カテゴリー:驚愕のYouTube

22 : 18 : 17 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デイビッド・アッテンボローの「ウツボカズラの生態」 by YouTube
2009 / 11 / 23 ( Mon )
Poisonous Pitcher plant - The Private Life of Plants - David Attenborough -
BBC wildlife by YouTube


イギリスを代表する動物・植物学者、デイビッド・アッテンボロー。BBC(英国放送協会)在職中は、第2チャンネルの局長として、世界各地で野生生物、民俗学関係のドキュメンタリー製作を手がけた。そしてフリーとなった72年以降も、彼はBBCの自然班とともに動物や植物、昆虫や無脊椎動物などのドキュメンタリー製作を続けた。

1985年、叙勲。2008年には、オーストラリアで発見された「世界最古の胎生生物」である古代魚類が、彼にちなんで命名され(「マテルピスキス・アッテンボローイ」)、次いで2009年にも、フィリピン・パラワン州のビクトリア山で発見された、巨大な新種のウツボカズラが、彼にちなんで命名された(「ネペンテス・アッテンボロギ」発見者は、スチュワート・マックファーソン)。







テーマ:( ´△`) - ジャンル:日記 - カテゴリー:驚愕のYouTube

22 : 03 : 24 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
  • SEO
  • loading
  • お気に入りYouTube!

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。