全件表示TopRSSAdmin



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
ツリーマン、木になった男の手術 5 by YouTube
2009 / 07 / 31 ( Fri )
Treeman: The Surgery - Part.5 by YouTube

インドネシア政府から、ツリーマンこと、デデさんの共同治療ために招聘を受け、再びインドネシアを訪れた、ガスパリ医師。彼はインドネシアに到着すると、すぐ、デデさんの家族を訪ね、不安と疑問を解消すべく、今後の治療方針について、説明しました。1度の手術でイボを取り切らなかった(取り切れなかった)のは、「手」には「関節」があり、また、いくつもの「神経」が通る、非常に繊細な部分であること、そのため、ある程度取り除いた状態で、更に詳しく、指の形状や皮膚感覚などを検査する必要があったこと、今、本命の皮膚移植に向けて準備中であること…を伝えたのです。

また、ガスパリ医師は、皮膚移植と同時に、アメリカの同僚と検討した「免疫療法」も、併用しようと考えていました。




デデさんとガスパリ医師、7ヶ月振りの再会…!

この時デデさんは、移植手術に備えて、背中の皮膚を伸ばしているところでした(検索したところ、「エキスパンダー」という風船状のものを皮膚の下に入れ、そこに時間をかけて、徐々に生理食塩水を入れて膨らませることで皮膚を伸ばし、余分な皮膚を作って、移植に使うようです)。そのために仰向けに寝ることが出来ない、大変な状態だったのですが、久し振りにガスパリ医師と会えて、うれしそうです。しかし… 「手足が軽くなって、うれしい。」とは言うものの、やはり、またすぐに分厚くなってくるのが悩みのようです。…前回の手術で取ったはずの、頭のイボも、復活していますしね。

デデさんとの面会後、ガスパリ医師はRachmatdinata医師と面談。手術で除去したイボを見せてもらいました。しかし、取り除いても取り除いても、今のままでは、イボは出来続けるのです。そのためガスパリ医師は、医療チームとの会議の中で、もう1つの手段として、免疫療法を提案しました。免疫療法でイボの生成が食い止められることに、期待をかけていたのです。しかし、そうなると、、総額で1万ドルが余分に掛かることになりますが、インドネシアの医療チームは、やってみるしかなく、、やってみることになりました。

しかし、それでもガスパリ医師は、本当はデデさんを、アメリカの病院で治療したかった(※)のです。なぜなら、時間が、ほとんどありませんでいた。インドネシアの医師らには、手に出来た皮膚ガンの除去手術を行った経験がなかった)のですが、手術の予定まで、あと1ヶ月しかなく、トレーニングもままならない状態だったのです。…女性医師は、楽しそうに笑っていますが。


※ デデさんをアメリカで治療できない理由
ガスパリ医師は、出来ることなら、デデさんをアメリカで治療したいと考えていましたが、ワルタ・コタ紙がインドネシア保健省報道官の話として伝えたところによると、「(米国の医師が)Dedeさんを米国に連れて行くことは許可しない方針」とのことでした。ただし、この報道内容について、インドネシア保健相は「彼を渡米させたいという要請を政府側は受けていない。(渡米禁止については)ただの噂に過ぎない」と否定しました。なぜ、個人の治療に関して政府に要請する必要があるのか、不明ですが。


このため、どうやらガスパリ医師はデデさんの治療方針の見直し…ないしは手術の延期を提案したようですが、インドネシアの医療チームの方針は「エキスパンダーで作った皮膚を手に移植する」ことで固まっているようで、手術はキャンセルされませんでした。

…と、ガスパリ医師、一時帰国でしょうか? デデさんに、何か申し訳なさそうに言っていますが、、免疫療法は出来ないことになった? (すみません、リスニング力がなくて、よく判りません;;)

デデさんは他の、ガスパリ医師が勧める薬を使ってみることにしました。容器に入った、白いイボを取り除くクリームを塗ります。…と、本当にイボが取れそうです。言われて、恐る恐るイボを突付くと、本当に取れ、驚くデデさん。お兄さんも、「心臓が止まるかと思った」そうです。



今やデデさんは「病院で暮らしている」と言っていいほどで、病院に来て5ヶ月以上になりますが、彼は自由な時間を、いつも、彼の個室で過ごしていました。まだ「動かせる」と言うほどには動かない指ですが、大きなイボの塊が取り除かれ、携帯電話でメールが打てるようになったので、メールをしているようです。その相手は…?

「あいつは何より、スキンシップを図りたいと思っているんだよ。」と、お兄さん。
きっと、メールの相手は、娘さんなんでしょうね。長い間、イボに阻まれて、ろくにスキンシップも取れなかったので、早く娘さんと抱き合いたいようです。そして、デデさんのこれから…

「体のことが良くなったら、彼も未来に希望が持てるようになる。あいつは、結婚したがっているんだ。既に意中の人がいるようだ。」と、お兄さん。

誰にメールしているの?
 -ある女の子に会ったんだ。
   もし健康になれたら、心に決めていることがあるんだ。」



デデさんは、明るい、希望に満ちた未来を見ていましたが、6週間後、ガスパリ医師はインドネシアを出国してしまいました。インドネシアの医療チームが、まだ、、免疫療法を併用するかどうか、決めかねていたことが理由のようですが、帰ってしまうということは、彼の意見は取り入れられなかったのでしょうか? その頃、デデさんの背中に挿入された、エクスパンダー2つは、こんなに大きくなっていました。もう、手術をするならば、1週間以内です。でないと、せっかく伸ばした皮膚が、無駄になってしまいます。

「医者たちは、今度の手術は難しいものになるかもしれない、と言っている。だから私としては、先に薬物療法を試したいが、その薬が届かない。皮膚感覚が、もう永遠に失われるんじゃないかと思うと、不安で仕方ない。」と、デデさん。ところがインドネシアのRachmatdinata医師は「3・4週間前に届いていたと思う。しかし、それを使うとなると、色々問題が出てくる。」と語ったのです。これは、どういうことなのでしょうか?

デデさんの病気の問題は、体に入り込んだウィルスを、何らかの原因で低下してしまった免疫機能で排除できなくなっていることにあります。皮膚表面だけの問題ではないのです。ですから、ガスパリ医師の言うように、根本的な問題となっている免疫機能を見直し、それを治さないことには、根治はありえません。それなのにインドネシアの医師らは、場当たり的に、イボが出来ては、体を切り刻むだけ…。これでは、デデさんの幸せな未来はありません…!



デデさんには、もう時間が残されていませんでした。せっかく伸ばした皮膚を、無駄にしたくない、と思ったのでしょう。デデさんは、インドネシアの医師らに任せ、手術をすることにしました。

そして迎えた、手術の日の朝…。これで、最後の大きな手術になり、執刀医らは、デデさんの手の主だったイボを、全て取る予定ですが… 「合併症を起こす可能性が非常に高いため、一度の手術で、両手共やる気はない。出血も、おそらくかなり多くなるだろう。」と、主任執刀医のHardisiswo Sudjana医師は言っています。手術は、片手のみ行うんでしょうか…? 

これに対して、いつでもニコニコ笑いのRachmatdinata医師は、相変わらずニコニコ笑いながら、こんな暴言を吐きました。「これは、またとない機会です。手術を行った場合と、行わなかった場合を比較する、臨床試験みたいなものです」()。


インドネシアの医師、手術は「臨床試験みたいなもの」と暴言 by ディスカバリーチャンネル

臨床試験みたいなものです



手術は、デデさんの手の表皮を全て剥がすように、行われました。手術では、CTスキャンも用いて、デデさんの手の内部も詳細に調べました。「もしCTスキャンを使わなかったら、私たちは、例えば誤って血管を切ってしまい、指を失うといったような、重度の合併症が起きるのを防げなかったでしょう。」と、Hardisiswo Sudjana医師。デデさんの手は、病気によって変形していて、そのため、元の正常な形に修復する必要がありました。

貼り付ける皮膚は、デデさんの背中から取られました。しかしその新しい皮膚にも、イボは出来ていました。デデさんの手に新しい皮膚を移植する作業は難航し、手術開始から7時間後、ようやくデデさんは病室に戻りました。

…と、ここで執刀したHardisiswo Sudjana医師から、衝撃の事実が明かされました。通常、指の中には骨があると思われていますが、デデさんの指の中には、骨が無かったのです! …と言ったら、どういうことかと思うでしょう。デデさんの指の中にも、確かに骨は「あった」のですが、骨粗しょう症が原因で骨がもろくなり、ボロボロに崩れてしまっていたのです。医師の見立ては、非情なものでした。硬いイボでコーティングするかのように覆われていたからこそ、動かせる程度にイボが取り除かれた状態では、携帯電話のボタンも押せていましたが、それが完全に取り除かれた状態では、もう二度と手を使うことは出来ない、とのことです。



これは私の、ド素人の推測ですが、その「骨粗しょう症」の原因も、イボ(ヒトパピローマウィルス)なのではないかと勘繰ったりします。デデさんの手に出来たイボが、本来であれば手の骨になるべきカルシウムを吸い取っていたからこそ、あんなにも硬い、木のようなモノになったのではないかと。このような症例自体が大変珍しいとのことですので、この件についても、今後解明されるかもしれません。



「ツリーマン、病気で「木」になった男に希望の光 by YouTube
木になった男、デデさんの悲しい物語 by YouTube

ツリーマン、木になった男の手術 1 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 2 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 3 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 4 by YouTube
ツリーマン、木になった男の手術 6 by YouTube ラスト!


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記 - カテゴリー:せつないYouTube

17 : 34 : 39 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<文化の衝突、戦争を止めよう! by YouTube | ホーム | ツリーマン、木になった男の手術 4 by YouTube>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://okiniiriyoutube.blog104.fc2.com/tb.php/246-96204c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  • SEO
  • loading
  • お気に入りYouTube!

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。