全件表示TopRSSAdmin



スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
法輪功学習者に対する迫害の数々 by YouTube
2007 / 08 / 06 ( Mon )
SOS! URGENT Rescue Falun Gong Practitioners persecuted in cn by YouTube

中国、法輪功学習者に対する迫害の数々。私には法輪功がどういうものかなど分かりませんが、中国政府の行為が、異常なまでに執拗で残酷極まりないことだけは分かります。もし本当に、中国政府の言うように「カルト集団」であったとしても、このような残酷行為が許されて良いとは思いません。


Wikipediaの法輪功の項目は「中立の観点」から問題提起されているようですし、法輪功のオフィシャルサイトでは更に、中立的な観点から参考にならないでしょう。その中で最も第三者的視点で見ていて、参考になると思われるものが、日本財団図書館のサイトにありましたので、紹介しておきます。要するに、法輪功がどうだからと言うのではなく、利権を貪っている中国共産党幹部にとって、政権転覆の脅威になりかねない「集団化」に恐怖しているだけのようですが。

 今日の中国社会ではあちこちに警察、公安が入り込んでいる。十年前の天安門事件のような強烈な民主化運動は表面化こそしていないが、これは国民の隠れた民主化要求、反共産党化への恐れからくる力の抑圧にほかならない。逆にいえば、中国国民の多くは中国共産党への信頼感をまったく失っているということだ。げんに、いまは『人民日報』など読む人はほとんどいない。
 そして他方では、法輪功のような中国社会のまさに末端の部分で問題が出現している。法輪功は、気功を通じて中国社会のいちばん末端で疎外感を強く抱いた人たちのあいだに急速に浸透していった、いわば道教型の新興宗教である。この法輪功はとくに犯罪を犯したわけでもなく、ただ信仰しただけで徹底的に摘発されている。
 つまり、六千百万人といわれる共産党員数よりも広がりつつある法輪功とは、共産体制の末期的な諸現象のある集約が中国社会の末端に出現したものであり、そのことにいままで気づかなかった中国当局にとって、これは衝撃以外のなにものでもないだろう。

中嶋嶺雄(東京外国語大学学長)


法輪功学習者の女性、拷問死 by YouTube


テーマ:((((;゚Д゚)))ぎゃぁああああ - ジャンル:日記 - カテゴリー:真実のYouTube

00 : 44 : 39 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<法輪功学習者の女性、拷問死 by YouTube | ホーム | 副審判が中国国歌を歌い、紙コップが舞う by YouTube>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://okiniiriyoutube.blog104.fc2.com/tb.php/83-1501359c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  • SEO
  • loading
  • お気に入りYouTube!

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。